nlpのプラクティショナーになるために必要なこと

女の人

何をすればよいのか

書道

書道家は、テレビなどで取り上げられたことで、注目度が上がっています。ただし、書道家を名乗るために必要な資格は存在しないため、何をすれば書道家になれるのかが明確ではありません。したがって、書道団体で技術を身に付けながら、書道展だけではなく、積極的に自分の作品をアピールしていく活動が重要です。

View Detail

ブランドの育成が大切

セミナー

商品開発において、知財とブランド力の関係は切っても切り離せないものです。ブランドの育成自体、時間の掛かる作業ですが、まずは知財を扱った各種セミナーで基本的知識と実践例を学び、自身の生産活動へ結びつけてゆくことが大切です。

View Detail

スキルを手に入れる

男性女性

ビジネスからスポーツまでさまざまな分野で活かされている心理学がnlpです。nlpを学習していくとコミニュケーション能力が向上したり思考・感情がうまくコントロールできるといった効果が得られるとされます。結果的に目標達成や悩みの解決、信頼性の構築など人生において多数のメリットにもつながるのです。そんなnlpの基本部分を学ぶことができるコースがプラクティショナー、上級資格のマスタープラクティショナーやトレーナーへとステップアップするための一歩目です。協会公認のスクールでは10日間のプログラムを用意、無事修了すると日本と、アメリカの公式資格とカナダの認定資格の3つが取得できます。費用としては30万円から40万円くらいが一般的となっています。

nlpのプラクティショナーコースを学ぶことができるスクールは日本国内にも複数存在しているようです。したがってスクール選びはとても重要な部分となり、資格だけでなく習得できる技術に差が生まれてしまいます。ポイントとなるのが、複数の資格を習得しているトレーナーが担当してくれること、カリキュラムの内容が豊富、現在の流れを取り入れているのかといったところです。また必要以上に高額であったり格安なのも注意、適正な受講費用なところを選びましょう。またnlpプラクティショナーコースを提案しているスクールもさまざまなこだわりをみせています。コースを自主学習できる教材をプレゼントしたり、終了後もセミナーや勉強会に参加できるといったものです。

パティシエになりたい

お菓子

パティシエが人気ですが、最近は製菓の高校で学ぶ人が増えています。製菓の高校の特徴として実践力がつくこと、資格が取得できること、就職先も紹介してくれることです。他校からの編入にも対応してくれるのが人気でもあります。

View Detail